日本語ロゴ                    

                                                                        
山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)

研究室ホーム  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表   活動紹介  お問い合わせ

 

【主な取り組み】

 


 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【主要メンバー】

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【リンク先】

 

 

 

 

 

 

 

 

【活動の骨子】

 

【最新トピックス】 その他のトピックス及び20169月以前のトピックスは、「お知らせ・トピックス」のページでご覧ください

国際会議 2017126日〜8日 古川准教授他が、IDW’17The 23th International Display Workshops)にて、3件の研究発表を行います。
@T. Furukawa, N. Kawamura, T. Noda, Y. Hasegawa, D. Kobayashi, M. Koden, IDW’17, FLX6-2 (2017.12.8/仙台). Novel Roll-to-Roll Fabrication Processes of Transparent Electrodes on Ultra-Thin Glass”
AK. Taira, T. Furukawa, N. Kawamura, M. Koden, T. Takahashi, IDW’17, FLXp1-8L (2017/仙台). High gas barrier film for OLED”
BY. Hagiwara, T. Furukawa, T. Yuki, S. Yamaguchi, N. Yamada, J. Nakatsuka, M. Koden, H. Nakada, IDW’17, FLXp1-9L (2017/仙台). Roll-to-Roll Patterning of Reflective Electrode on Planarized Stainless Steel Foil” [新日鐵住金株式会社、新日鐵住金マテリアルズ株式会社との共同発表]

セミナー講演 20171120日 向殿産学連携教授が産総研「フレキシブル エネルギー デバイス コンソーシアム」平成 29 年度第三回講演会(東京)にて講演致しました。
『フレキシブル有機エレクトロニクス用基板と封止技術』

◆論文201711月 古川准教授、向殿産学連携教授の論文が電子通信情報学会の英文誌に掲載されました。
T. Furukawa, M. Koden, IEICE Trans. Electron, E100-C, 949-954 (2017).
Novel roll-to-roll deposition and patterning of ITO on ultra-thin glass for flexible OLEDs

お知らせ201710月 当グループでは、以下の2つのコンソーシアムを立ち上げました。
@山形大学フレキシブルエレクトロニクス日独国際共同実用化コンソーシアム
  Yamagata University Flexible Electronics Japan-Germany International Collaborative Practical Utilization ConsortiumYU-FIC
A山形大学フレキシブルエレクトロニクス産学連携コンソーシアム20181月スタート予定)
  Yamagata University Flexible Electronics Consortium for Academia-Industry Cooperation (YU-FLEC)

受託分析開始のお知らせ201710月 株式会社MORESCO社製のガス・水蒸気透過率測定装置(スーパーディテクト)を用いて、バリアフィルム等のガス・水蒸気透過率測定の受託分析を開始致しました。
詳細・申し込み・お問い合わせはこちら

NEDOプロ参画201710月 当グループは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」平成29年度第1回公募に採択された「次世代高効率有機ELディスプレイ用材料の開発」に参加致します。

セミナー講演 2017913日 古川准教授が、26OLEDヤマガタ研修会にて講演致しました。
講演題目:印刷技術、Roll to Roll技術

P1030060 (縮小版)表彰 201791日 仲田産学連携教授、向殿産学連携教授が、内閣府「第15回産学連携功労者表彰」において「科学技術政策担当大臣賞」を受賞しました。表彰式が、91日、東京ビッグサイトにて行われました。
http://www8.cao.go.jp/cstp/sangakukan/index2.html
受賞者一覧:http://www8.cao.go.jp/cstp/sangakukan/sangakukan2017/about2017.pdf
科学技術政策担当大臣賞:http://www8.cao.go.jp/cstp/sangakukan/sangakukan2017/kagaku2017.pdf

新聞/Web掲載 2017811 毎日新聞記事『シャープ変転/下 人材確保、再建の鍵、買収1年、問われる真価』に、向殿産学連携教授の紹介とコメントが掲載されました。
https://mainichi.jp/articles/20170811/ddn/008/020/033000c

セミナー講演 2017728日 向殿産学連携教授が、R&D技術支援センターのセミナー『有機ELのフレキシブル化への開発動向と必要な材料技術【山形大学 施設見学付き】』(開催場所:山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター)にて講演致しました。

出版物寄稿20177月 向殿産学連携教授が、照明学会誌(20177月号)に寄稿致しました。
寄稿題目:次世代の灯り(有機EL照明)

セミナー講演 2017629日 向殿産学連携教授が、&Tech社セミナー『フレキシブル有機ELの研究・開発動向と求められる材料〜技術動向・事業動向・市場予測・フレキシブル基板や電極部材・R2R印刷〜』にて講演致しました。

国際会議 2017628日 古川准教授が、韓国で開催された「LED & OLED EXPO 2017」国際会議にて、講演を行いました。
講演題目:Printing and Roll-to-Roll Technologies in Yamagata University

セミナー講演 2017512日 向殿産学連携教授が、シンテック株式会社第28FPD設計技術研究会(東京)にて講演致しました。
講演題目:有機ELフレキシブル化技術と事業動向

セミナー講演 2017427日 古川准教授が、プリンテッドデバイス技術(PDTec)研究会(第19回)にて講演を致しました。
講演題目:山形大学INOELの印刷技術

国際会議 2017330日 古川准教授が、ドイツで開催されたLOPECLarge-area, Organic & Printed Electronics Convention)国際会議にて、講演を行いました。 [帝人、FEBACS、明治大学/永井先生との共同発表]
講演題目:Gas barrier film for OLED devices

◆説明会:2017329日 第2回米沢市産学連携異業種交流会にて、仲田産学連携教授が「INOEL概要」の説明、「フレキシブル基板/印刷技術グループ」の説明などを行いました。

来訪2017322日 衆議院の経済産業委員会の代議士の皆様が当センターを視察に見え、向殿産学連携教授より、当センターにおける有機エレクトロニクス実用化取り組み、産学連携取り組みなどを説明致しました。
YBC山形放送「ybc news every」(322日)にて放送されました。
 mp4

セミナー講演 2017321日 向殿産学連携教授が、R&D技術支援セミナー社のセミナー『有機ELのフレキシブル化への開発動向と必要な材料技術』にて講演を致しました。

セミナー講演 2017317日 結城准教授が、産学共創プラットフォーム「ソフトマターロボティクスコンソーシアム 第一回キックオフシンポジウム」にて講演致しました。
講演題目:ソフト機能材料・デバイス

成果展示201739日 米沢で開催された「高分子学会有機エレクトロニクス研究会第6回異業種交流会」にて、開発成果を紹介、展示致しました。

◆説明会:2017227日 有機エレクトロニクスイノベーションセンター(INOEL)で開催された「有機エレクトロニクスイノベーションセンター保有技術説明会及び技術相談会」に、仲田産学連携教授が参加し、「INOEL概要」の説明、「フレキシブル基板/印刷技術グループ」の説明などを行いました。

成果展示2017215日〜17日 東京ビッグサイトで開催された「プリンタブルエレクトロニクス2017展」にて、開発成果を展示致しました。
パンフレット:日本語版英語版

雑誌掲載 20172 日刊工業新聞社の『工業材料』誌20172掲載の特集「有機エレクトロニクスが拓く未来社会―山形大学が目指すもの」に、私どもの取り組みと成果が掲載されました。(執筆者:仲田産学連携教授、向殿産学連携教授、結城准教授、古川准教授

セミナー講演2017118日 当センターにて開催された技術情報協会セミナーにて、仲田産学連携教授、古川准教授、結城准教授が私どもの取り組みを紹介いたしました。
セミナータイトル:「有機EL,有機エレクトロニクスの材料開発および製造・印刷技術の実際」

◆交流会:2017117日 仲田産学連携教授、古川准教授が、山形大学にて開催された「日韓有機EL照明製品展示交流会」に参加致しました。

著書20171月 向殿産学連携教授が執筆した「OLED Displays and Lighting」(出版社WileyIEEE Press)が出版されました。アマゾンなどでできます。
ISBN: 978-1-119-04045-3

国際会議 201612 The 23rd International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2016(IDW/AD’16)国際会議(福岡)にて、3件の研究発表を行いました。
FLX3-1: Substrates and Non-ITO Electrodes for Flexible OLEDs
 
(発表者:向殿産学連携教授 [招待講演]  https://www.idw.or.jp/invite.html
FLX3-3: All-Printed Non-ITO Transparent Electrodes on Ultra-Thin Glass for OLED Lighting (発表者:古川准教授) [大日本印刷との共同発表]
FLXp1-5Roll-to-Roll Processing of Silver/ITO Continuous Deposition on Planarized Stainless Steel Foil” (発表者:萩原様/新日鉄住金) [新日鉄住金グループとの共同発表]

出版物寄稿201611月 向殿産学連携教授が、電気硝子工業会出版『電気ガラス工業の歩み-七十周年追補版』(2017)に寄稿致しました。
寄稿題目:有機EL照明の現状と今後

国際会議 20161124日 古川准教授が、韓国で開催されたIWFPE2016」国際会議(International Workshop on Flexible & Printable Electronicsにて招待講演を行いました。
講演題目:Flexible Substrates and Printed Transparent Electrode for OLED Lighting

セミナー講演20161018日 向殿産学連携教授が、 京都大学太陽電池研究コンソーシアム「第21回定例研究会」; プリンテッドエレクトロニクス研究会「2016年度第3回PE研究会」 にて講演致しました。『有機エレクトロニクス用フレキシブル基板と透明電極技術』.

その他のトピックス及び2015年9月以前のトピックスは、「お知らせ・トピックス」のページでご覧ください

 

「有機エレクトロニクスイノベーションセンター」に戻る