日本語ロゴ

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。

研究室ホーム  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ

 

 

【主な取り組み】

 


 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【主要メンバー】

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【表彰】

P1030060 (縮小版)15回産学連携功労者表彰(2017)
「科学技術政策担当大臣賞」

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【書籍紹介】

OLED Displays and Lighting

OLED Displays and Lighting

 

http://www.gijutu.co.jp/doc/b_imag/bookcover/bookc_1930.gif 

技術情報協会「有機ELに関する発光効率向上,部材開発,新しい用途展開
著者割引

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【リンク先】

 

 

 

 

 

 

 

 

【活動紹介】

1.主催コンソーシアム

山形大学フレキシブル有機エレクトロニクス実用化基盤技術コンソーシアム(YU-FOC20164月〜20193月)
Yamagata University Flexible Organic Electronics Practical Key Technology Consortium
代表:仲田産学連携教授、向殿産学連携教授

山形大学フレキシブルエレクトロニクス日独国際共同実用化コンソーシアム(YU-FIC201710月〜20213月)
Yamagata University Flexible Electronics Japan-Germany International Collaborative Practical Utilization Consortium
代表:古川准教授

山形大学フレキシブルエレクトロニクス産学連携コンソーシアム(YU-FLEC20181月〜20234月)
Yamagata University Flexible Electronics Consortium for Academia-Industry Cooperation
代表:結城准教授

山形大学有機薄膜デバイスコンソーシアム20134月〜20163月)
プロジェクト長:向殿産学連携教授
経済産業省「産学連携イノベーション促進事業」20134月〜20153月)の支援をいただきました。

 

2.プロジェクトなどへの参画

NEDOプロジェクト2017年度〜2019年度):仲田産学連携教授、向殿産学連携教授、結城准教授
当グループは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」平成29年度第1回公募に採択された「次世代高効率有機ELディスプレイ用材料の開発」に参加しております。

 産学共創プラットフォーム(OPERA)(JST2016年度〜2020年度):仲田産学連携教授、古川准教授、結城准教授
国立研究開発法人「科学技術振興機構」(JST)の「研究成果展開事業 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA) 平成28年度新規研究領域・共創コンソーシアム)に採択された「山形大学・有機材料の極限機能創出と社会システム化をする基盤技術の構築及びソフトマターロボティクスへの展開」に参画しております(2016年秋〜20213月)。

 NEDOプロジェクト2015年度):結城准教授
国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム調査事業」に採択された「有機EL方式電子写真式プリンターヘッドの実用化に係る検討調査」(採択先:山形大学)を推進・完了致しました。
成果報告書:http://www.nedo.go.jp/library/seika/shosai_201610/20160000000611.html

A-STEP (JST)2014年度):古川准教授
「印刷で作る新規介護おむつ用濡れセンサー」(連携企業:進和ラベル印刷株式会社)

産学連携イノベーション促進事業(経済産業省)2013年度〜2014年度):
仲田産学連携教授、向殿産学連携教授、古川准教授、他
経済産業省「産学連携イノベーション促進事業」〜「山形大学・有機デバイス産学コンソーシアム形成事業」
20134月〜20153月)に参画致しました。

A-STEP (JST)2012年度):古川准教授
「オフセット・フレキソ印刷の版表面加工による微細配線パターン形成の探索」

地域イノベーション戦略支援プログラム(文部科学省)2011年度〜2015年度):
仲田産学連携教授、古川准教授、結城准教授、小林准教授
文部科学省「地域イノベーション戦略支援プログラム」(2011年〜20163月)に参画致しました。

 

3.教員との個別連携

私どもの研究グループは、有機エレクトロニクス分野において、各企業様の実用化研究に貢献すべく、共同研究、学術指導研究などの個別連携を行っております。

 主な技術分野、テーマなどは以下の通りです。

お気軽にお問い合わせください。

 【技術分野】 有機エレクトロニクス、印刷など

【連携テーマなど】

有機EL技術 フレキシブル基板技術 水分バリア膜技術 封止技術 評価・解析技術

印刷技術 透明電極技術 ロールtoロール技術 新規アプリケーション検討 など

4.受託分析

私どもの研究グループでは、受託分析を行っております。

ü ガス・水蒸気透過率測定(WVTR

 

5.学会活動・委員会活動など

【仲田産学連携教授】

日本学術振興会情報科学用有機材料第142委員会C部会:代表幹事

有機EL討論会発起人

・有機EL討論会業績賞/講演奨励賞選考委員会:幹事(第16回例会/2013〜第19回例会/2014

・有機EL討論会論文審査委員(第16回例会/2013

・有機EL討論会会員

 

【向殿産学連携教授】

・「ICFPE2016」国際会議(The International Conference on Flexible and Printed Electronics)Technical Program Committee, Session Chair of Session 15 "Flexible Substrate & Barriers"

・有機EL討論会有機EL討論会:論文審査委員(第16回例会/2013

・有機EL討論会会員

SID(Society for Information Display)会員

・高分子学会「有機エレクトロニクス研究会」会員

・独立行政法人 産業技術総合研究所, 研究ユニット評価委員 (201010月〜20143).(ユビキタスエネルギー研究部門)

 

【古川准教授】

SEMI 標準化技術委員会 FPD マテリアル&コンポーネント委員会 共同委員長

・電子情報技術産業協会(JEITA)  ディスプレイデバイス部会 フレキシブルディスプレイG 客員

International Display Workshops フレキシブルエレクトロニクス プログラム委員

 

【結城准教授】

・有機EL討論会会員

・高分子学会会員

・応用物理学会会員

・東北品質工学研究会会員

・山形品質工学研究会会員

 

 

研究室ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)に戻る

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)