山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)

研究室ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ


   ホーム 成果発表 刊行物・雑誌・メディア・Web記事など

 

20204月 電波新聞社英文月刊誌『AEI』(Asia Electronic Industry20204月号(執筆者:鵜飼 育弘氏)
参考ウェブサイト(電波新聞社):https://aei.dempa.net/previewissue/april-2020/

2019116日 山形大学 学長定例記者会見にて成果発表「印刷方式によるフレキシブル有機薄膜太陽電池の実証試験を開始〜株式会社MORESCO・株式会社イデアルスター・INOELの共同研究〜」
プレスリリース:https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/files/3315/7301/5709/press191106_01_INOEL_providing_test.pdf
山形放送「news every             山形テレビ「スーパーJチャンネルYTSゴジダスIII     TUYNスタやまがた」
・さくらんぼテレビ「Live News  朝日新聞(118日)                                                         山形新聞(117日)

2019104日 NHKニュース「おはよう日本」
https://www.youtube.com/watch?v=k2dg5Y5FqD0

2019412日 化学工業日報記事「有機EL用バリアフィルム-R2Rで電極まで」

20181月 技術情報協会「有機ELに関する発光効率向上,部材開発,新しい用途展開」
向殿充浩;第1 有機ELの構造,発光メカニズム
向殿充浩;第2章第1 有機ELにおける蛍光材料について
結城敏尚;第6章第7 有機ELにおけるフレキシブル化, ITO代替電極の技術,今後の展望
古川忠宏;第9章第5 エレクトロニクス用印刷技術

20171228日 古川准教授IDW’17で発表した技術が、日経テクノロジーon lineに掲載されました。
タイトル:ロール・ツー・ロールの新製法、極薄ガラス上に透明電極
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/040400109/122700047/?ST=device&P=1

20171227日 向殿充浩, 日経テクノロジーon line掲載
タイトル:東北の次世代”支える有機エレクトロニクス関連企業と大学
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/367653/121400030/?P=2&rt=nocnt

2017811 毎日新聞記事『シャープ変転/下 人材確保、再建の鍵、買収1年、問われる真価』に、向殿産学連携教授の紹介とコメントが掲載されました。
https://mainichi.jp/articles/20170811/ddn/008/020/033000c

201797   仲田産学連携教授、向殿産学連携教授
学長定例記者会見「本学教員2名が第15回産学官連携功労者表彰 科学技術政策担当大臣賞を受賞」
発表資料: https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/files/1015/0476/3895/press20170907.pdf

20177月 向殿充浩, 照明学会誌, 20177月号, 101(7), 289-293 (2017).
「次世代の明かり(有機EL照明)」

20172 『工業材料』(日刊工業新聞社), 20172月号 (2017).
飯塚博, 仲田仁;「有機エレクトロニクスイノベーションセンター」(p.63
向殿充浩, 仲田仁;「産学連携コンソーシアムの取り組み」(p.64
結城敏尚;「フレキシブル透明電極の開発」(p.65-67
古川忠宏;「印刷エレクトロニクス技術の開発」(p.74-76

201611月 向殿充浩, 電気硝子工業会『電気ガラス工業の歩み-七十周年追補版』(2017.
「有機EL照明の現状と今後」

20168月 向殿充浩, OHM 20168月号, 40-43 (2016). 「フレキシブル有機ELパネル用新規透明電極技術」

2016217日 日経テクノロジー on line 「山形大学有機薄膜デバイスコンソーシアム」の取り組みが取り上げられました。
  http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/011500025/021600010/?rt=nocnt

2016121日 山形大学工学部長記者会見

2015420日 日刊工業新聞 『フレキシブル有機エレクトロニクス実用化へ―産学で新研究組織、山形大など30社参加』

20141023日 仲田仁, 日刊工業新聞第2部特集記事「化学産業」〜『次世代有機エレクトロニクスの実現に向けた取り組み』

2014       向殿充浩, 『電気ガラス』, 50, 12-15 (2014). 「有機EL技術の現状と将来」

2014318日(火)及び41日(火) NHK「おはよう関西」で、山形大学での向殿産学連携教授の研究取り組みが紹介されました。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/25961/257623/

2014124日 2014124 山形新聞 「山形大と企業18社 高分子材料を開発」

2014123日 山形大学学長記者会見にて成果発表を行いました。

 

 

戻る

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)