日本語ロゴ                                                             

 

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)

ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ

   ホーム 技術紹介 超薄板ガラスを用いたフレキシブル有機EL

超薄板ガラスを用いたフレキシブル有機EL(連携:日本電気硝子株式会社、株式会社セリアエンジニアリング、東京プロセスサービス株式会社、藤倉化成株式会社、三星ダイヤモンド工業株式会社他) [2020]

厚さ50μmの超薄板ガラス(日本電気硝子製)をフレキシブル有機ELパネルに適用する研究開発を進めています。

薄板ガラス上へのR2R方式によるTCO成膜・パターン化技術(連携:日本電気硝子株式会社、他) [2017]

ITOIndium Tin Oxide)などのTCOTransparent Conducting Oxide)は液晶、有機EL等のデバイスで用いられる代表的な透明電極ですが、シートtoシート(S2S)真空成膜及びフォトリソグラフィーを用いる従来のTCO形成技術はコスト面で課題を有しています。本研究では、フレキシブル基板として厚さ50mmの超薄板ガラスを用い、ロールtoロール(R2R)方式によってTCO成膜(スパッタリング)とエッチングペースト印刷を用いたパターンニングを行う「R2R/フォトリソフリーTCO形成プロセス」を開発しました。

超薄板ガラスの割れ防止技術(連携企業:日本電気硝子, 帝人) [2017]

ガラスは表面平坦性、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などに優れ、かつ、ほぼ完璧なガスバリア性を持つため、有機ELデバイス用基板としてもっとも信頼できる基板と言えます。このガラス基板を50mmなどの薄さにすることでフレキシブル性が発現し、ロール形状が可能となりますが、生産性の観点では、割れやすいという点が課題として残っています。
私どもの研究グループでは、超薄板ガラスに貼合する新規保護フィルム技術することによって、格段に割れやすさを改善し、有機ELデバイスの試作を行いました。

超薄板ガラスを用いたフレキシブル有機EL照明パネル(連携企業:NECライティング, 日本電気硝子, 新日鉄住金グループ) [2016]

NECライティング、日本電気硝子、新日鉄住金グループとの連携により、超薄板ガラスを用いたフレキシブル有機EL照明パネルをNECライティングに試作いただきました。

超薄板ガラスの割れ防止技術(連携企業:日本電気硝子, 三菱樹脂) [2016]

 

<主な研究発表> (リンクの貼られている発表タイトルをクリックすると内容を見ることができます。)

1)      T. Furukawa, Advanced Materials-2018 (WCAM2018) (2018). [招待講演](中国/廈門)
Substrates for Organic Electronics - Ultra-thin Glass, Stainless Steel Foil and High Gas Barrier Plastic Film”

2)      M. Koden, T. Furukawa, T. Yuki, H. Nakada, the 16th International Symposium on the Science and Technology of lighting (LS16) (2018). [招待講演](英国/シェフィールド)
“Roll-to-roll and printing technologies for electrodes of flexible OLED lighting”

3)      日経テクノロジーon line 2017.12.28. 
「ロール・ツー・ロールの新製法、極薄ガラス上に透明電極」
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/040400109/122700047/?ST=device&P=1

4)      T. Furukawa, M. Koden, IEICE Trans. Electron, E100-C, 949-954 (2017).
“Novel roll-to-roll deposition and patterning of ITO on ultra-thin glass for flexible OLEDs”

5)      T. Furukawa, N. Kawamura, T. Noda, Y. Hasegawa, D. Kobayashi, M. Koden, IDW’17, FLX6-2 (2017). (仙台)
“Novel Roll-to-Roll Fabrication Processes of Transparent Electrodes on Ultra-Thin Glass”

6)      M. Koden, T. Furukawa, T. Yuki, H. Kobayashi, H. Nakada, IDW/AD’16, FLX3-1 (2016).  [招待講演] (福岡)
“Substrates and Non-ITO Electrodes for Flexible OLEDs”

7)      T. Furukawa, M. Sakakibara, N. Kawamura, M. Koden, IDW/AD’16, FLX3-3 (2016). (福岡)
“All-printed non-ITO Transparent Electrodes on Ultra-thin Glass for OLED Lighting”

8)      向殿充浩, 京都大学太陽電池研究コンソーシアム第21回定例研究会; プリンテッドエレクトロニクス研究会2016年度第3PE研究会 2016.10.18 / 尼崎).
「有機エレクトロニクス用フレキシブル基板と透明電極技術」

9)      T. Furukawa, International Workshop on Flexible & Printable Electronics (IWFPE2016) (2016). [招待講演] (韓国)
“Flexible Substrates and Printed Transparent Electrode for OLED Lighting”

10)  T. Furukawa, N. Kawamura, H. Nakada, M. Koden, The International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE 2016), O15-6 (2016). (米沢)
”Novel ITO fabrication processes on ultra-thin glass”

11)  向殿充浩, OHM 20168月号, 40-43 (2016). 「フレキシブル有機ELパネル用新規透明電極技術」

12)  M. Koden, 15th International Symposium on the Science and Technology of Lighting (LS15) (2016). [招待講演 (Tutorial)] (京都)
“Substrates and non-ITO electrodes for flexible OLED Lightings”

13)  T. Furukawa, N. Kawamura, M. Sakakibara, M. Koden, International Display Manufacturing Conference (IDMC’15), S4-4 (2015).  [招待講演] (台湾)
“Printed Transparent Electrode for OLED Lighting Devices”

14)  向殿充浩, 鑑継薫, 秋山修二, 伊藤晴彦, 小林大介, 鈴木哲仁, 黒岩寿, 榊原正登, 田中健嗣, 川村 憲史, 古川 忠宏, 有機EL討論会第20回例会, S9-4 (2015).
「超薄板ガラス上にR2Rプロセスで形成したITOを用いたフレキシブル有機ELデバイス」

15)  M. Koden, The Twenty-second International Workshop on Active-matrix Flatpanel Displays and Devices (AM-FPD 15), 2-1 (2015). [招待講演] (京都)
“Flexible Substrates and Non-ITO Transparent Electrodes for Organic Electronics”

16)  M. Koden, Seminar of LED & OLED Expo (2015). (韓国)
“Development in Yamagata University Organic Thin Film Device Consortium”

17)  M. Koden, H. Kobayashi, T. Moriya, N. Kawamura, T. Furukawa, H. Nakada, IDW'14, FLX6/FMC6-1 (2014).  [招待講演] (新潟)
“Flexible Substrates and Alternative Electrodes of ITO for OLED Lighting”

18)  T. Furukawa, K. Mitsugi, H. Itoh, D. Kobayashi, T. Suzuki, H. Kuroiwa, M. Sakakibara, K. Tanaka, N. Kawamura, M. Koden, IDW'14, FLX3-4L (2014). (新潟)
“Patterned ITO Film by Roll-to-Roll Process on Ultra-thin Glass”

19)  M Koden and H. Nakada, Nanofair 2014 (2014, Dresden). [招待講演] (ドイツ/ドレスデン)
”Flexible substrate with alternative electrode of ITO for organic electronics”

20)  M. Koden, SID'14, Seminar (2014.6.2). (米国)
“OLED Devices, Processes, Encapsulation, and Flexible Substrates”

 

 

 

 

ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ

 

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)