日本語ロゴ                                                              

 

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)

ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ

 ホーム 技術紹介 バリアフィルムを用いたフレキシブル有機EL

 

ロールールtoロール(R2R)法による電極付きCVDバリアフィルム作製(連携:帝人株式会社、他) [2020]

フレキシブルフィルム上にロールtoロール(R2RPE-CVDPlasma Enhanced Chemical Vapor Deposition)成膜装置でバリア層と透明導電膜を形成する技術を開発。

フレキシブル有機EL用耐熱バリアフィルム(連携:倉敷紡績株式会社) [2020]

倉敷紡績株式会社が開発した200℃以上の耐熱性を有するフィルムEXPEEK®(エクスピーク)を用いたフレキシブル有機EL用バリアフィルムを開発し、フレキシブル有機ELデバイスを試作しました。

 

PENフィルム基板のバリア性向上技術(連携:帝人株式会社) [2018]

ロールtoロール(R2R)成膜装置を用いてフィルム基板(帝人株式会社製PEN)のバリア性について検討し、バリア性向上に有効な知見を獲得しました。
Reference
1) K. Taira, T. Furukawa, N. Kawamura, M. Koden, T. Takahashi, IDW’17, FLXp1-8L (2017). “High gas barrier film for OLED”

 

フィルムのバリア性に対する洗浄の効果(連携企業:FEBACS, 帝人 / 連携大学:明治大学永井先生) [2018]

ロールtoロール(R2R)洗浄装置(FEBACS製)を用いて、フィルム基板のバリア性に対する洗浄の効果について検討し、フィルム基板の洗浄がバリア性に有効であることを検証しました。

 

リア層付きPENフィルムを用いたフレキシブル有機EL(連携:NECライティング株式会社、帝人株式会社、他 [2016]

ロールtoロール(R2R)成膜装置を用いてバリア層を形成したPENフィルム基板(帝人株式会社製)を用いてフレキシブル有機ELパネルを試作しました。

 

<主な研究発表> (リンクの貼られている発表タイトルをクリックすると内容を見ることができます。)

1)     M. Koden and H. Nakada, Nanofair2014 (2014, Dresden).
“Flexible substrate with alternative electrode of ITO for organic electronics”

2)     M. Koden, H. Kobayashi, T. Moriya, N. Kawamura, T. Furukawa, H. Nakada, IDW'14, FLX6/FMC6-1 (2014).
“Flexible Substrates and Alternative Electrodes of ITO for OLED Lighting”

3)     M. Koden, The Twenty-second International Workshop on Active-matrix Flatpanel Displays and Devices (AM-FPD 15), 2-1 (2015).
“Flexible Substrates and Non-ITO Transparent Electrodes for Organic Electronics”

4)     M. Koden, T. Furukawa, T. Yuki, H. Kobayashi, H. Nakada, IDW/AD’16, FLX3-1 (2016).
“Substrates and Non-ITO Electrodes for Flexible OLEDs”

5)     T. Furukawa, N. Kawamura, M. Koden, H. Itoh, H. Kuroiwa, K. Nagai, LOPEC (Large-area, Organic & Printed Electronics Convention) (2017).
“Gas barrier film for OLED devices”

6)     K. Taira, T. Furukawa, N. Kawamura, M. Koden, T. Takahashi, IDW’17, FLXp1-8L (2017).
“High gas barrier film for OLED”

7)     T. Furukawa, Advanced Materials-2018 (WCAM2018) (2018).
“Substrates for Organic Electronics - Ultra-thin Glass, Stainless Steel Foil and High Gas Barrier Plastic Film”

8)     K. Taira, T. Suzuki, W. Konno, H Chiba, H. Itoh, M. Koden, T. Takahashi, T. Furukawa, IDW’18, FLX2-4L (2018).
“Development of High Gas Barrier Film Using Novel Precursor by Roll to Roll PECVD”

9)     T. Suzuki, W. Konno, K. Taira, H Chiba, H. Itoh, M. Koden, T. Takahashi, T. Furukawa, IDW’18, FLXp1-10L (2018).
“High Gas Barrier Films with Heterogeneous Multilayer”

 

 

 

ホーム(仲田/古川/結城/向殿グループ)  メンバー  お知らせ・トピックス  技術紹介  成果発表  活動紹介  お問い合わせ

 

山形大学 有機エレクトロニクスイノベションセンター(INOEL
992-0119 山形県米沢市アルカディア1丁目808-48  TEL0238-29-0575  FAX0238-29-0569
仲田 仁(産学連携教授)nakada(at)yz.yamagata-u.ac.jp   向殿 充浩(産学連携教授) koden(at)yz.yamagata-u.ac.jp  (スパムメール防止のため半角@(at)にしています。)