研究概要

有機EL─新しい光を創造します

電気を光に変える
ディスプレイ・照明分野において商品化が始まっている「有機EL」の更なる普及に向け、「高発光効率」「塗布プロセス」「フレキシブル」に取り組んでいます。私達は、これらの次世代有機ELに求められている研究課題を有機エレクトロニクス研究センター 城戸淳二研究室と連携し、「高付加価値」かつ「安価」で「環境に優しい」有機ELのイノベーションを目指します。

有機太陽電池─薄く、軽く、透明な太陽電池を実現します

光を電気に変える
有機化合物を発電層に使用し、塗布法などの方法で、プラスチック基板上に形成が可能な有機太陽電池は、次世代の太陽電池として期待されています。室内光などの比較的弱い光にも反応すること、透明性を持たせられることも特徴です。材料・構造・プロセス技術の開発により、超軽量・薄型、フレキシブル、半透明など、新たな価値を有した太陽電池を実現し、応用開発及び実用化を目指します。

有機トランジスタ─新しい電子回路を実現します

電気を制御する
有機トランジスタは、低温かつ印刷法で作製可能な次世代のトランジスタとして注目されています。有機エレクトロニクス研究センターの時任・熊木・福田研究室と連携し、有機トランジスタの高性能化・集積化の応用展開を図ります。また、プラスチックを基板とする「柔らかい」有機ELディスプレイやICタグ作製の基盤技術を構築し、次世代エレクトロニクスに向けてのイノベーションを目指します。

蓄電デバイス─化学の力で電池を変えます

電気を蓄える
蓄電デバイスは確実な社会実装を目指すグループです。材料開発は主要4部材だけでなく、バインダーや導電性炭素などの副資材にも及びます。更に材料摺合技術で新しい機能発現の開発もテーマです。当部門は市場解析機能を持ち、開発テーマは戦略企画室が市場目線で絞り込みます。それをパイロットスケールで検証し、生産プロセス開発まで行うのが特徴です。今後は安全性技術開発や用途別評価技術まで拡充し材料開発拠点を目指します。

  • イノベーションセンターについて
  • メンバー紹介
  • 研究概要
  • 研究開発・成果
  • プロジェクト
  • 施設・設備
  • お問い合せ先
  • ホーム
ページの先頭へ