文部科学省では、産学連携等施策の企画・立案に反映させることを目的として、大学等における産学連携等の実施状況調査が毎年行われ、平成26年度の実施状況が公表されました。
平成21年度から26年度において、研究費受入額の平均伸び率が大きい機関のランキングで、山形大学はダントツで1位を獲得しました。
これは、有機材料システム研究推進本部関連の研究プロジェクトが大きく寄与しています。


平成21年度から26年度において、研究費受入額の平均伸び率が大きい機関
**平成21年度から平成26年において、共同研究実施件数が各年度100件以上の機関を対象**

大学名 増加率
1 山形大学 約40.8%
2 東海大学 約15.6%
3 名古屋工業大学 約14.9%
4 長岡科学技術大学 約13.8%
5 山口大学 約13.4%
6 早稲田大学 約13.0%
7 京都大学 約12.7%
8 熊本大学 約11.5%
8 筑波大学 約11.5%
10 名古屋大学 約11.2%

文部科学省のサイト
平成26年度 大学等における産学連携等実施状況について

  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • ホーム
ページの先頭へ