2014.7.2 「世界ではじめて、印刷でハンカチサイズで食品ラップより薄い電子回路作成に成功」(7月1日)

 

山形大学有機エレクトロニクス研究センターの時任静士卓越研究教授と福田憲二郎助教らのグループは、2種類のインクを用いて印刷により、世界最大面積(ハンカチの大きさ(約20cmx20cm))で、世界最薄(食品ラップの厚みの10分の1 (約1μメートル (μは1000000の1を表す))の非常に柔らかいフィルムにトランジスタ回路を、世界で初めて作成に成功し、手でくしゃくしゃにしても、また、広げても作動することを実証しました。

非常に柔らかく大きな面積のトランジスタ回路を印刷で作成ができることで、人の体の一部、また、枕、シーツ、衣類にはりつけても、違和感がないことから、将来は、自宅のプリンターで個人のニーズにあったヘルスケア用のセンサー作製への応用も考えられます。

山形大学プレス発表資料はこちら
  • 2013年
  • ホーム
ページの先頭へ