• ホーム
  • イノベーションセンターについて

イノベーションセンターについて

高橋 辰宏  本学を中心とする山形県内の有機エレクトロニクス研究開発地域が、2011年8月に、地域イノベーション戦略推進に関わる 「国際競争力強化地域」に選定されました。文部科学省や経済産業省とともに、引き続き山形県、山形県産業技術振興機構、米沢市の強力なバックアップを頂き、 イノベーションを創出する国際的な拠点作りに取り組んでいます。その中で、米沢の新しい顔「オフィス・アルカディア」の地に「有機エレクトロニクスイノベーションセンター」が 2013年秋に本格稼動を始めました。
 本センターでは有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタおよび蓄電デバイスの4領域に関して、産業化に向けた基盤技術の開発とその成果を 企業と連携して商品化に結びつける活動を精力的に展開しています。特に、本センターには 民間企業出身者を中心とした「スーパーイノベーター」が集結しており、 軽くて安価な有機材料を用いて、次世代の生活環境を豊かにする高性能な有機エレクトロニクス製品の創造を目指して、 製造に関わる基盤技術と商品化に精力的に取り組んでいます。有機材料の新たな地平を切り拓く私達のこの挑戦にご期待頂くとともに、 有機エレクトロニクスイノベーション事業への皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。

有機エレクトロニクスイノベーションセンター
センター長   高橋 辰宏

拠点技能・「技術の橋渡し」技能

このようなご要望にお応えします

  • 次の事業の種を見つけたい
  • 次世代技術開発を大学の協力を得て進めたい
  • 機器利用、人材育成など、大学の設備や知を利用したい
拠点技能・「技術の橋渡し」技能
  • イノベーションセンターについて
  • メンバー紹介
  • 研究概要
  • 研究開発・成果
  • プロジェクト
  • 施設・設備
  • お問い合せ先
  • ホーム
ページの先頭へ